年中無休24時間受付
0120-31-4187

参列のマナー

以下に、ご葬儀で迷いやすいマナーの解説を掲載します。
ご葬儀のタイプや宗派で異なりますので、迷われたときは弊社にご相談下さい。

葬儀の装い

葬儀において正式な喪服は、喪に服する近親者が着るものなので、一般参列者はフォーマルなスーツやワンピースなどの準喪服で参列します。

男性

ブラックスーツ
白シャツに黒無地のネクタイを着用します。靴は金具のない黒を着用。
アクセサリーは、結婚指輪以外の外すのが望ましい。 ネクタイピンはつけないのが通例です。

女性

黒のワンピースや、アンサンブル、スーツ。
肌をあまり見せないのが原則で、夏場も五分袖まである物が望ましい。
ストッキングと靴は黒を。アクセサリーは結婚指輪程度にします。濃いメークも控え、カラフルなネイルなどもタブーです。髪は黒いゴムやピンなどでシンプルにまとめて清楚に。

お子様の場合

学生の場合は、制服を着用します。制服が無い場合はブレザーと白シャツ・ブラウスに無地の黒、紺、グレーのズボン・スカートなど。明るい色のリボンや髪飾りは避けましょう。

数珠について

数珠の形や玉数は宗派によって異なりますが、仏式の葬儀であればどの宗派のものを使っても特に問題はありません。

香典について

不祝儀袋と表書きは宗教によって異なるので注意しましょう。

仏式

水引は黒と白が一般的、銀と白、黄と白も使われます。表書きは「御霊前」が最も多いようです。

神式

銀の水引を使い、表書きは「御玉串料」とします。

キリスト教

水引は一般的には付けませんが、付けてもかまいません。
表書きは、一般的に「御花料」「献花料」と書きます。

中包み

金額を書く場合は漢数字を用いて書き入れます。
「一」「二」「三」は「壱」「弐」「参」とします。

全てに共通することですが、表に自分の姓名を忘れずに。
中袋に姓名と住所も書き添えておくと、喪家側にとって親切です。

不祝儀袋は、相手に差し上げるものですから、折ったり汚したりしないように必ずふくさに包んで持参します。

受付で、「このたびはご愁傷様です」などお悔やみの言葉を述べ、差し出します。ふくさから不祝儀袋を取り出し、手早くふくさをたたみ、その上に不祝儀袋を乗せて差し出します。

仏式「焼香」

  • 仏式の通夜、葬儀では、故人との別れに焼香をします。
  • 祭壇に進み、遺族に一礼します。遺影に向かって一礼し、一度合掌します。
  • 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、目の高さで押し頂きます。
    ※焼香の作法は宗旨、宗派により異なります。
  • 抹香を香炉にくべます。

改めて遺影に向かって合掌します。一歩下がり、僧侶と遺族に一礼し、席に戻ります。