年中無休24時間受付
0120-31-4187

社葬

経営トップの方などに品格ある「社葬」

社葬とは、概ね「運営の主体が企業にあり、企業の経費で執り行われる葬儀」です。社葬・団体葬は一般葬とは異なり、故人への哀悼・慰安という本来的な目的にとどまらない、企業や団体にとって大きな意義を有する一大イベントともいえるでしょう。

社葬は効果的な経営手法・対外的なイメージアップ

社葬を行うことによって、取引先や関係各社へ「きちんとした会社」という印象与えます。これは新しい経営陣への評価となり、以後の経営に非常に有利に働きます。

社葬後のスムーズな営業活動

会葬御礼の挨拶は取引先訪問のチャンス。礼節を重んじる会社という印象をあたえることができます。さらに新しい経営姿勢を広く知ってもらう、またとない機会ともなります。

新経営体制をアピールする最高の場

社葬のあり方は、これからの会社がどのような決意と経営体制で臨む姿勢なのか、内外にアピールすることができる場。誇りと品格のある社葬は会社の成長発展に貢献します。

社員の会社への求心力が高まる

社員全員が協力して行う大イベント、それが社葬です。会社への参加意識が再確認され、自分がその会社の一員であることを再認識できる場となります。

遺族の負担軽減

適切な社葬取扱規定を整えておけば社葬費用は会社の経費として計上できます。会社が主体となって葬儀を取り仕切ることで、運営面・費用面での遺族の負担を大幅に軽減します。