年中無休24時間受付
0120-31-4187

焼香方法

仏式「焼香」

  • 仏式の通夜、葬儀では、故人との別れに焼香をします。
  • 祭壇に進み、遺族に一礼します。遺影に向かって一礼し、一度合掌します。
  • 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、目の高さで押し頂きます。※焼香の作法は宗旨、宗派により異なります。
  • 抹香を香炉にくべる。
  • 改めて遺影に向かって合掌します。一歩下がり、僧侶と遺族に一礼し、席に戻ります。

宗派によって、回数・本数など異なりますが、大切なのは故人を思う気持ちです。
基本作法を押さえておけば問題ないでしょう。

主な宗派の焼香例

  • 天台宗
    抹香: 三回
    線香: 三本 離して立てる
  • 真言宗
    抹香: 三回
    線香: 三本 離して立てる
  • 臨済宗
    抹香: 二回
    線香: 一本
  • 曹洞宗
    抹香: 二回
    線香: 一本
  • 浄土宗
    抹香: 三回
    線香: 二本
  • 浄土真宗本願寺派
  • 抹香: 一回 ささげない
    線香: 一本 折って横に寝かせる
  • 浄土真宗大谷派
    抹香: 二回 ささげない
    線香: 二本 折って横に寝かせる
  • 日蓮宗
    抹香: 三回
    線香: 三本 離して立てる