年中無休24時間受付
0120-31-4187

ご葬儀の流れ

危篤の連絡を受けたら病院など指定の場所へ駆けつけ、ご家族やご親族、ご友人など最後に会わせてあげたい人に連絡をします。医師よりご臨終が伝えられたら豊栄セ・モアホールへお電話ください。

1 ご臨終

自宅で亡くなった場合

  1. かかりつけの病院があれば医師を呼び状況確認をしていただきます。
    ※突然死の場合は警察への連絡が必要となります。
  2. 死亡診断書を発行していただきます。

病院で亡くなった場合

  1. 医師による死亡確認を受けます。
  2. 死亡診断書を発行していただきます。

事故や突然病院以外で亡くなった場合

  1. 警察へ連絡をして頂きます。
  2. 警察の指示を受けるまでは、ご遺体を動かしてはいけません。
  3. 警察の検死を受け、死体検案書(死亡診断書)を発行していただきます。

2 家族・主な親族へ連絡

ご家族や近親者、親しい方に、ご臨終のご連絡をしてください。
その他の方には通夜・葬儀の日時が決まってから通知します。

3 葬儀社へ連絡

豊栄セ・モアホールは24時間対応しております。

豊栄セ・モアホールが病院など、指定の場所へお迎えにまいります。ご自宅や葬儀会場の安置室など、故人をどちらにお連れするかお決めください。故人をご安置し、菩提寺に連絡してご寺院に枕経をあげていただきます。(仏式の場合)

4 ご遺体の移送・安置

ご遺体のお迎え・枕飾り・枕経
ご自宅または葬儀会館にご遺体を安置します。

5 お打ち合わせ

  • 喪主・世話役の決定
  • 通夜・葬儀の日時と会場の決定
  • 会葬者の人数の把握
  • 遺影写真の用意

喪主を決め、ご葬儀の日程・会場・規模・費用などについて、打ち合わせをします。喪主様は「遺影写真」「印鑑(認印)」をご用意ください。

6 お手続き事項

  • 死亡届に必要事項を記載します。
  • 死亡届の手続きをします。(手続き代行します。)
  • 火葬(埋葬)許可書を受け取ります。

火葬場の手続きが必要な場合は、済ませておきましょう。

7 ご不幸の連絡

  • 親戚への連絡
  • 友人や関係先への連絡
  • 町内への連絡

通夜・葬儀の日時が決まったら、早く連絡しましょう。
故人や遺族の会社関係には、社内で中心となって伝達してもらえる上司などに連絡します。
向こう三軒両隣りは、直接あいさつに出向きます。
町内への連絡は、町内会を通じておこなうようにします。
重複して連絡されると大変失礼になりますので、よく確認の上、連絡するようにしましょう。

8 お通夜~ご葬儀の準備

  • 死亡通知
  • 死亡届
  • 喪服・宿泊の準備
  • 会葬礼状・会葬御礼品の決定・準備
  • 通夜振舞いの決定
  • 供花・供物の手配・確認
  • バス・タクシーの手配
  • 新聞の死亡広告
  • 湯灌・死化粧・納棺
  • 席順・焼香順を決める

ほとんどのものは、豊栄セ・モアホールで用意・手配できますので、お任せください。
この後、湯灌・納棺を行います。

9 納棺


できるだけ多くのご親族でお集りください。
メガネ・ガラス製品・書籍等故人の身体を洗い清める湯濯のサービスもございます。

10 お通夜・通夜振舞い

お通夜

  • ご寺院のお迎えと対応
  • 弔問客の受付と対応
  • 遺族・親族・参列者着席
  • 開式の辞
  • ご寺院入場
  • 読経と焼香
  • 喪主あいさつ
  • ご寺院退席
  • 閉式の辞

お通夜ではご親族や故人の友人・知人など、ご参列の皆様より焼香をいただきます。

通夜振舞い

ご寺院・弔問客の対応
ご寺院へのお布施とお見送り

通夜振舞いは故人の供養とご会葬の皆様へのお礼を兼ねた食事会です。生前にいただいたご厚情へ感謝の意を込めて、参列していただいた方々に食事やお酒でおもてなしをします。

11 ご葬儀・告別式

  • 遺族・親族・参列者着席
  • 開式の辞
  • ご寺院入場
  • 読経
  • 焼香
  • 弔辞拝受
  • 弔電奉読
  • 喪主あいさつ
  • ご寺院退席
  • 閉式の辞

ご葬儀はご遺族やご親族が故人の死を悼み、ご寺院の読経によって浄土へ導くための宗教行事です。いっぽう、告別式とは、故人の友人・知人など、生前に交流のあった人たちが故人に最後の別れを告げる儀式で、これら二つは全く別の意味を持ちますが、現在は分離しないで行います。
司会進行は豊栄セ・モアホールにお任せください。

12 最後のお別れ

告別式終了後、故人と最後の対面。故人の傍らに「お別れ花」を添え、個人の愛用品や、好物を棺に入れてあげます。

お別れ花は豊栄セ・モアホールがご用意いたします。

13 ご出棺

喪家のマナー心得:火葬場に向かう直前に、喪主は会葬者に対し、謝辞としての挨拶をします。

14 火葬・収骨

  • 火葬場へ移動
  • 火葬・骨あげ(拾骨)
  • 各ホールへ移動

葬場には、ご家族やご親族、望するご友人などが向かいます。
お経をあげ、最後の対面した後、荼毘に付されます。
手続き、豊栄セ・モアホールが代行いたします。

15 繰り上げ法要・お斎(三十五日法要・壇払い法要・開蓮忌)

  • 繰り上げ法要
  • お斎
  • お斎のあいさつ
  • ご寺院へのお布施とお見送り

ご葬儀・告別式につづき「繰り上げ法要(宗派、地域によっては壇払い法要、開蓮忌などともいう)」を行います。その後、お斎の席を設けますが、ご寺院やご会葬の皆様へのお礼の気持ちを込めたお席であると同時に、皆で故人を供養するためのものです。

16 葬式後

  • 各種手続き
  • 各方面への礼参
  • 事務の引き継ぎ
  • 香典返しの手配

滞りなくご葬儀を終えた後も、故人に関する様々な手続きや、お世話になった方へのご挨拶回りなど、忌明けまでは様々な手配が必要となります。
豊栄セ・モアホールでは、アフターフォローにてしっかり対応いたします。お任せ下さい。

17 納骨・ご法要

  • 墓地・墓石の用意
  • 仏壇の用意
  • 四十九日法要と納骨

仏式の場合、四十九日が過ぎると「忌明け(きあけ)」となります。
忌明けのご法要を営み、あわせてご納骨を行います。ご家族やご親族の生活の区切りとし、その後、年忌ご法要が一周忌、三回忌~と続いていきます。